不動産投資で得られる利益の種類

最近人気の不動産投資では、インカムゲインと呼ばれる収入を重視しています。
インカムゲインとは、自分が手に入れた不動産を人に貸して得た家賃収入のことを言い、入居者がいる限り、この家賃収入というインカムゲインが継続して入ってきます。
単純計算で毎月7万円の家賃収入があるとして、住宅ローンの返済額が同じく7万円なら、自分の預貯金を減らしたり、給料から住宅ローン返済のお金を出さなくても住宅ローンを返済していけることになります。
家主になる以上、投資物件の修繕費などは用意しておく必要がありますが、これらの費用は経費として計上できるため、確定申告によって税金が戻ってきます。
毎年その費用を残しておけば、それなりに修繕費用も貯まっていくと考えられます。
住宅ローンを完済すれば、インカムゲインはまるまる収入になりますので、給料とは別の収入源を得ることができます。
老後にはこれが私的年金にもなりますので、不動産投資は早めのトライがポイントです。